記事一覧

真・三國無双7 猛将伝

呂布伝はもっとIFルートを充実させて欲しかった。天下無双を目指す漢なのだから、三国それぞれ強烈に難しいシナリオで対峙するステージ構成でも良かったのでは。真・三國無双3の型破りな内容を経験しているので、定陶の戦いで歴史をひっくり返した後のあっさり感が強かった。後は全体的にモード間の一体感が欲しいかな。将星モードが事実上単品のようになっている(ストーリーが一番成長が速い気がするし)。その点、6はストーリ...

続きを読む

授かり物

10月からずっと忙しい状態が続いている。いつも電話に悩まされているし、お茶を飲んで一息なんて夢のまた夢。前職と比較して明らかに働かない各部のカウンターパート一同。出口の見えない繁忙の真っ只中で課長「東京出張有るけど(ry」自分「行きます」で、行ってきました。正直、東京の打ち合わせ内容はよく覚えてません。たとえ1日だけでも、ご褒美旅行だと思ってました。夜は前の職場の皆さんと会食。最後の新幹線で大阪へ...

続きを読む

オーディオは地獄の一丁目?

これとこれが気になりだした今日この頃。現在オンボードサウンドとアクティブスピーカーだから結構変わるんじゃないかとは思うものの、基本的にニコ動、Youtube、GOM Player(動画)がメイン用途なので本当に効果が有るか疑問。※動画ファイルではない純粋な音楽ファイルはそもそも持っていないので、音楽再生ソフトを変える等で変わる問題ではない。どうしようかな。...

続きを読む

ライフデザイン研修

要するに将来の資金計画・資産運用の研修だった。当然、「○○株が買い時」「円-△△売りのタイミングです」的な具体的運用アドバイスは無く、概ね知っている内容。一通り聞いて感じたのは「そもそも収入を増やさなきゃ駄目だ」これに尽きる。元本の余剰資金が百万単位では小さすぎて誤差にしかならない。仮に100万で3%運用できたとしても3万でしょ。それ位だったらサラリーマンは残業で稼ぐって。1,000万なら不労所得年間...

続きを読む

チーム絶倫

夜の生活が凄いコンビ。抱いた女性の数と狙撃した相手の数がいい勝負のスナイパーと、少なくとも22人の女性と65回寝た(※)元社長。多分、右の人も背後に立つと危ない。※2010年「島耕作○EX回数ランキング」より。つまり今はもっと多い。 サラリーマンのバイブルと呼ばれるが、この私生活に憧れているだけのおじさんが多いのでは。...

続きを読む

Billboard Live Osaka

日本橋散策とビルボードライブに行ってきた。ライブと名の付くものは生まれて初めて。マスダ社長は売れるだろうし、ライブ受けするタイプだと思う。ちなみに今日の昼食はコレ。↑お絵かきは何が良いかと聞かれたので「リラックマ」と答えた結果。及第点かな。いつも思うけど、何で日本橋にも秋葉原にも同じケバブ屋が有るんだろう。どういう経営戦略?■本日の踊るヒット賞(母校について)「常人から3σ外れてる」「基本的にInnovat...

続きを読む

やまや 京阪京橋店

宣伝らしい宣伝が無かったのに、11時20分来店でほぼ満席。食べ終わって出てくると15人並んでいた。品川店と同じクオリティで安心。土日も営業している分こちらの方が強い。ご飯3杯食べて、メインのおかずが残る「明太子食べ放題」が最大の魅力。2週間も経たぬうちに行列が当たり前になるはず。連れて行った職場の同僚も大満足。良かった良かった。そのうち食べログにも登場するだろう。細かい説明は不要。とにかく白米と明...

続きを読む

やまやオープン

近所にオープンするらしい。看板が出て店員が研修中だった。あの店のランチはヤバイ。やまやの明太子が食べ放題(高菜とご飯も食べ放題)。定食なのにおかずが全然いらないレベル。東京時代に職場の人と品川店に行ったら全員ご飯2~4杯。確実にお腹一杯、幸せ一杯になる店。(品川のお客様との打合せを昼前後にセッティングするのが流行した位)ここの店は休日もランチ営業するようなので利用させてもらおう。(品川は平日だけだ...

続きを読む

Diablo3

Diablo1以来の英語版ソフトに挑戦。確かにDiablo1, Diablo2のような異常な中毒性は無いが、これはこれで有りだと思う。スキルのリビルドがいつでも出来るのは個人的に○。可能ならばステータスも自由割振り + Respecにしてほしかった。(極振りも立派な個性だと思うので)英語力はゲームを楽しむためにある程度必要。heed:注意を払うcoven:魔女の集団outpost:前哨部隊missive:書簡こんな単語を知っている日本人はまずいないはず...

続きを読む

プロフィール

GGP

Author:GGP
詳しいプロフィールはこちら
初めての方はまずプロフィールを御覧下さい。文章の方向性が何となく分かります。

■当サイトで扱う内容
1.仕事

(業務上の出来事、課題、解決策の提言など)
2.日常
(森羅万象に独自のツッコミ。ボケっぱなしも有るよ)
3.中洲産業大学
(下ネタ上等、バカ満載。有る意味3次元を超えた誰得ワールド)

■当サイトの特長
1.表現力
(タイトルの捻り・本文の構成)
2.ボケとツッコミの角度
3.「分かる人は分かる」ディープなネタ(オタク上等)
⑨バカ(大胆過ぎる行動力)


■注意事項
このブログ(及び元サイト)はフィクションです。
現実世界とは一切関係有りません。
ネタをネタとして理解できる方のみお読み下さい。

■表示環境
Google Chromeでの閲覧を念頭に置いていますが、IE系のブラウザでも問題有りません。

■コメントについて
脳を経由しても脊椎反射でも構いませんので、お気軽にどうぞ。
記事は突っ込み所だらけですし、突っ込みやすいようにブログにしたので
何でも言ってやって下さい。

※中洲産業大学カテゴリのコメントに対する返信は原則IQ20未満で行います。斜め上がデフォルトです。

■リンクについて
リンクフリーです。基本的にどなたでも歓迎します。

最新記事

最新トラックバック