記事一覧

幾つになっても男と女

モニタリングという取組がある。

コールセンタにおいてTA(所謂オペレーター)の応対を育成スタッフが聴いて指導したり、新人が聴いて参考にしたりするものだ。
私が新入社員研修を担当する場合は必ず初日に実施している。
昔は何も考えずにランダムで新人をTAに割り当てていた。
TAさえきちんと応対の出来るメンバーを選んでおけば何の問題も生じなかったからだ。

でも去年からは違った。
何度も何度も書いているが最近は私より一歳若くなる毎に格段に基礎能力が落ちる。
去年の新入社員研修を担当した時、彼等は22~24歳。
ドラクエに例えるとレベルが70程度下のメンバーだった。

何も考えずに割り振っていたら大問題になった。

モニタリング時間の8割以上眠っていたり
院卒の社員が研究者気取りなのか、目標未達成項目を指摘してTAの気分を害したり

彼等には何も言わなかったが、後でひたすら謝って回る羽目になった。
「もう来年からは勘弁して欲しい」
「あの子達、会社をなめてるんじゃないの」
そう言われるのも尤もだった。


あれから一年。
今年も新入社員研修のシーズンがやってきた。同じ轍を踏む訳にはいかない。

午前中の座学の態度や、普段の寮における生活態度から性格・行動パターンを判断。
相性の悪そうなTAを避ける組み合わせ(態度を気にしそうなTAに粗暴な社員を当てない、ペースを乱されたくないTAには大人しそうな社員を当てる等)を考えた。

※ちなみにTAは全員女性。新入社員は全員男性。

だがそれだけでは足りない。
というのも実は去年気分を害した2名のTAにも再度モニタリングを依頼していたのだ。

他の方に任せても良かったが、敢えてそうしたのだ。
ずっと販売成績が良いし、応対も丁寧。任せない理由がない。

「今年も是非新人の手本になって頂きたい」

絶対去年の事は覚えているはずだが、何も言わずに快諾してくれた。
何か気を利かせられないか。
という所で思い付いたのが

「TAが好きそうなタイプ(顔や雰囲気)の新入社員をぶつけよう」

コレ。ありきたりだが使える。
去年はタイプも何も分からなかったが、今の私なら分かる(何故だろうね)。
あのお二方の好きそうなタイプは見当が付く。外すことはない。

という訳で
1.性格の相性と
2.(一部)見た目のタイプ
3.新人に自己紹介させる時にTAがどの子を良く見ているか観察した結果(好みの子は見る時間が長い)
を考慮して組み合わせを決定。

どう見てもお見合いのセッティングです。本当にありがとうございました。


新入社員に組み合わせを伝える時は、さもその場でランダムに決めたような演技をしていたが、裏ではこんな事情が有ったというお話。



・・・・・モニタリング終了後。

■TA1(去年新人が眠っていた方)の場合:

自分 「ご協力ありがとうございました。どうでした今年の子は?」
TA1「凄い良い子やった!朝の自己紹介の時から他の人と『あの子が良い』って言ってたんよ。元気やしストライクやし言うこと無し!」

■TA2(去年目標未達成項目を色々言われた方)の場合:

自分 「ご協力ありがとうございました。ご無礼はありませんでしたか?」
TA2「可愛いくて素直な子やったよ。『身体に気を付けて頑張ってね』って言っといてあげて!来年もああいう子がいいなあ」


こんなに反応が違う。
TAの皆様は30代・40代が中心だが、こういう品定めの仕方や喜び方は私の同期や後輩が女性を見る時と全く変わらない。
年齢・性別に関係なく本能的な「好き嫌い」は存在するということが良く分かった。

「これが いきものの サガか」

お後が宜しいようで。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGP

Author:GGP
詳しいプロフィールはこちら
初めての方はまずプロフィールを御覧下さい。文章の方向性が何となく分かります。

■当サイトで扱う内容
1.仕事

(業務上の出来事、課題、解決策の提言など)
2.日常
(森羅万象に独自のツッコミ。ボケっぱなしも有るよ)
3.中洲産業大学
(下ネタ上等、バカ満載。有る意味3次元を超えた誰得ワールド)

■当サイトの特長
1.表現力
(タイトルの捻り・本文の構成)
2.ボケとツッコミの角度
3.「分かる人は分かる」ディープなネタ(オタク上等)
⑨バカ(大胆過ぎる行動力)


■注意事項
このブログ(及び元サイト)はフィクションです。
現実世界とは一切関係有りません。
ネタをネタとして理解できる方のみお読み下さい。

■表示環境
Google Chromeでの閲覧を念頭に置いていますが、IE系のブラウザでも問題有りません。

■コメントについて
脳を経由しても脊椎反射でも構いませんので、お気軽にどうぞ。
記事は突っ込み所だらけですし、突っ込みやすいようにブログにしたので
何でも言ってやって下さい。

※中洲産業大学カテゴリのコメントに対する返信は原則IQ20未満で行います。斜め上がデフォルトです。

■リンクについて
リンクフリーです。基本的にどなたでも歓迎します。

最新記事

最新トラックバック