記事一覧

セクハラ面接

「過去の交際人数」を尋ねる面接

「有る訳無いだろ」
「どこのエロゲーメーカー」
「ブラック企業」

とか何とか言われてるけど、多分珍しくないぞ。
私の日記を読んでくれている方はもう御存知だろうが、

ド○モの2次面接がこれだった。

あの面接は良く覚えている。
上智大学出身で中途採用の法務部第三法務担当課長(当時)と1対1の個人面接60分。
そのうち20分程度がこの話だった。

「何で付き合わないの?」
「惚れにくいタイプなの、惚れられない事情があるの?」
「交際できない要因って考えたこと有る?」

とか色々。

意図は分からない。何か趣旨が有るのだとは思う。
「答えたくなければ答えなくていい」
という前置きは有った。

しかし面接で「答えない」という選択肢をとる学生は1%もいないだろうし、答えない学生が通過する可能性は0%だろう。あんな前置きは詭弁でしかないし、色々踏まえてもやっぱりあの質問は納得が行かない。

①権力を用い
②職域を超えて
③継続的に(次々と飛んでくる質問)
④心身に損害を与える

判例が定義するパワハラど真ん中の行為であり、セクハラでもある。
プライバシーの塊のような領域に土足で踏み込んでくる意味が分からなかった。

しかもこの質問に対して、全く想定していない深刻な事情を学生が回答したとしよう。
この課長にダイバーシティとして受け止める度量が有るだろうか。
私は絶対に無いと思う。

名刺も頂いたのでこの方の名前は忘れないだろう。
ド○モは嫌いではないが、この課長(もう部長になっているはず)と働くのは嫌だ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGP

Author:GGP
詳しいプロフィールはこちら
初めての方はまずプロフィールを御覧下さい。文章の方向性が何となく分かります。

■当サイトで扱う内容
1.仕事

(業務上の出来事、課題、解決策の提言など)
2.日常
(森羅万象に独自のツッコミ。ボケっぱなしも有るよ)
3.中洲産業大学
(下ネタ上等、バカ満載。有る意味3次元を超えた誰得ワールド)

■当サイトの特長
1.表現力
(タイトルの捻り・本文の構成)
2.ボケとツッコミの角度
3.「分かる人は分かる」ディープなネタ(オタク上等)
⑨バカ(大胆過ぎる行動力)


■注意事項
このブログ(及び元サイト)はフィクションです。
現実世界とは一切関係有りません。
ネタをネタとして理解できる方のみお読み下さい。

■表示環境
Google Chromeでの閲覧を念頭に置いていますが、IE系のブラウザでも問題有りません。

■コメントについて
脳を経由しても脊椎反射でも構いませんので、お気軽にどうぞ。
記事は突っ込み所だらけですし、突っ込みやすいようにブログにしたので
何でも言ってやって下さい。

※中洲産業大学カテゴリのコメントに対する返信は原則IQ20未満で行います。斜め上がデフォルトです。

■リンクについて
リンクフリーです。基本的にどなたでも歓迎します。

最新記事

最新トラックバック