記事一覧

You play with the cards you're dealt.

先日「スヌーピーの英語」で扱った、今日のタイトルと同じようなことを言っている本があった。

---------------------------------------------------------------
部下の貴方は「1」「2」「3」という3枚のカードを渡されている。
この部下に対して業務命令として「6」という数字に辿り着くことを要求された。
部下としては
1+2+3、2×3等の方法で6を作ることが出来る。

しかし、上司が替わって突如「8」を要求されたらどうするか。
さすがに現状では「8」という数字には辿り着かない。

こんな時、貴方ははどうすればいいだろうか。
そう、人脈を生かして手持ちのカードを増やせばいいのです・・・・・云々。
---------------------------------------------------------------

いやいやいやw
人脈以前に自分の知力をちゃんと使おうぜ。

「2の3乗=8」で終わり。

足り無いどころか1枚余るじゃん。
この3枚有ったら随分目標達成できるよ。

2の31乗=21億4748万3648
3の21乗=104億6035万3203

行ける行ける。小数も「3の1/2乗」なら何とか作れる。
累乗は数学的にも堂々たる正解でしょ。

10兆とか73i(虚数)とか言われた時に、初めて人を使うんじゃないの?


・・・・・という揚げ足を取ってたら身に付くものも身に付かないと言いたいんですね。分かります。

でもウチの会社こういう上司多いんですよ。
最初から絶対的に間違っているのに、自分の言うことが100%無反論で受け入れられないと
「コミュニケーション能力が足りない」とか
「考える習慣を付けろ」
とか言って機嫌が悪くなる人。

「1+1=1なんだよ」
って幾ら親身に指導しているつもりで言われても、違うものは違う。
それで命令通りに仕事をしたら大事故になる。

経験に基づく知識の不足は現場経験を積むことで補えるから良しとしても、
知能の絶対的な不足はそれだけでコミュニケーション能力の致命的欠如ですよね。そういう人が会社に残ってたら士気低下以外もたらさないんですよ。社会人として生きていること自体間違いなんです。
「人に何かを言う前に、自分を振り返る習慣を付けなさい」
残念なことに、こういう人達に限って良く言ってます。

彼等に自分を振り返る習慣が有るならこの会社、人が半分になっているはずですよ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGP

Author:GGP
詳しいプロフィールはこちら
初めての方はまずプロフィールを御覧下さい。文章の方向性が何となく分かります。

■当サイトで扱う内容
1.仕事

(業務上の出来事、課題、解決策の提言など)
2.日常
(森羅万象に独自のツッコミ。ボケっぱなしも有るよ)
3.中洲産業大学
(下ネタ上等、バカ満載。有る意味3次元を超えた誰得ワールド)

■当サイトの特長
1.表現力
(タイトルの捻り・本文の構成)
2.ボケとツッコミの角度
3.「分かる人は分かる」ディープなネタ(オタク上等)
⑨バカ(大胆過ぎる行動力)


■注意事項
このブログ(及び元サイト)はフィクションです。
現実世界とは一切関係有りません。
ネタをネタとして理解できる方のみお読み下さい。

■表示環境
Google Chromeでの閲覧を念頭に置いていますが、IE系のブラウザでも問題有りません。

■コメントについて
脳を経由しても脊椎反射でも構いませんので、お気軽にどうぞ。
記事は突っ込み所だらけですし、突っ込みやすいようにブログにしたので
何でも言ってやって下さい。

※中洲産業大学カテゴリのコメントに対する返信は原則IQ20未満で行います。斜め上がデフォルトです。

■リンクについて
リンクフリーです。基本的にどなたでも歓迎します。

最新記事

最新トラックバック