記事一覧

プロフィール(2010.02.21更新)

詳しいプロフィールを記事として設けました。

■ゲーム
ファミコンと共に生まれ、スーパーファミコンと共に小学校に入学したゲームの申し子。
ゲーム歴≒年齢という数少ない人種。
RPG・アクションを中心にありとあらゆるゲームをやり込む。

1986年~
親がファミコン本体と共に買ってきたディスクシステムの
「ウルトラマン」「仮面ライダーBLACKRX」 等をプレイ。
全く子供向けと思えぬ難易度に 「絶望」 という言葉を刻み込まれる。
(2本ともリベンジを果たしたのは大学2回生の時。本当に難しかった。今のヌルいガキ共に教えてやりたい)

カナ表示もままならぬ時代だったため、画面の英単語と共に説明書の日本語を母に尋ね続ける毎日。

スーパーに行っても「ファミリーコンピュータ(ゲーム雑誌)」を読んでいるだけ

という、ある意味実に勤勉な子供だった。
その甲斐あって言語能力は異常な速度で向上。

小一で最初に覚えた漢字が「鎧(桃太郎伝説2)」という快挙を果たす。

その後も
高校までは 「睡眠・食事・授業・宿題以外ゲーム」
大学時代は 「睡眠・食事以外ゲーム」
という毎日を過ごし、社会人の現在に至る。

今となっては何千本やったか勘定も出来ないという、極めて分かりやすいゲームバカ。
2000本以上であるのは確かだが、正確な数は誰にも分からない。

やり込んだゲームは一本一本を異常に細かく記憶している(音楽や画像の一部で反射的に分かる程度)ため、好きなゲームを挙げさせても収拾が付かず、

------------------------------------------------------------------------
DIABLO、イース、英雄伝説、AOE、ウィザードリィ、大航海時代、ドカポン、DQ、FF(6まで)、ロマサガ、テイルズ、クロノトリガー、悪魔城ドラキュラ、魂斗羅、TOD(タイピングオブザデッド)、メタルスラッグ・・・・・
------------------------------------------------------------------------

という残念な状況になる上、話し出したら止まらない。
日記にもそれが色濃く表れており

  * ララに しょうさんあれ! *

等、ゲームの台詞の引用が多い。
※ちなみに上の台詞は「Wizardry5」のグブリ・ゲドックが頻繁に発している言葉。プレイヤーから見てララが崇拝に値する奴だとは思えないのだが。倒した際の財宝は凄いとしても。

■アニメ
アニメはゲームほどマニアックではないものの、「ルパン三世」「北斗の拳」等を中心に数多く視聴しており、見ている作品に関しては異常に細かく日記における台詞の引用も多い。

「ルパンが好きでよく見ていた」という主査に対して

「何年のOPテーマが好きですか?」

目を輝かせて尋ね、ドン引きされた経験を持つ(ちなみに自分は80年)

最近は「アンパンマン」の動向に目を光らせており、アンキック使用率の急上昇を憂慮すると共に、

「本放送が日曜朝5:15って、悪い子しか起きてないだろ」

という憤りを隠さない。

■音楽
最近こそジャズとクラシックが中心になってきたものの、昔はゲーム音楽しか聴かなかった。
ゲームに育てられたに等しい状態で、現在も暇さえ有ればゲームのサントラやメドレーを聞いていることが多い。中学のブラスバンドもロマサガを吹きたくて入ったとか。
「SFCまでならBGMや効果音だけでゲーム中の場面をほぼ特定できる」
という異才を持つが、引かれるだけで役に立ったことは無い。

■性格
大胆かつ繊細
古風ながら斬新
冷酷にして温厚
真面目だけど型破り
自信家のくせに心配性

一見矛盾だらけなのに言動は終始一貫。
分かりにくそうで分かりやすい。
でもやっぱり底は誰にも見えない。
そんな人間。

「ネタ一直線」に生きており、何をするにも面白いモノ・突き抜けたモノが大好き。
興味を持ったら常人の10倍以上のスピードでのめり込み短期間で徹底的に研究するが、ある日突然冷めることも多い。

■座右の銘
「信じる者は騙される」
「三大欲求に妥協無し」

■特技
1.日常会話
2.ゲーム音楽イントロ(SFCまで)
3.同世代とのジェネレーションギャップ(5~10年差)
4.奇跡の母子遺伝(質問不可)

■伝説
1.歩いただけで骨折
2.同じ自転車を2回盗まれ、2回共戻ってきた
3.ほぼ裸で風呂場へ行き、脱衣場で服(スーツ)を着てシャワーを浴びた
4.「滅茶苦茶にしt(自主規制)」
等、他多数。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGP

Author:GGP
詳しいプロフィールはこちら
初めての方はまずプロフィールを御覧下さい。文章の方向性が何となく分かります。

■当サイトで扱う内容
1.仕事

(業務上の出来事、課題、解決策の提言など)
2.日常
(森羅万象に独自のツッコミ。ボケっぱなしも有るよ)
3.中洲産業大学
(下ネタ上等、バカ満載。有る意味3次元を超えた誰得ワールド)

■当サイトの特長
1.表現力
(タイトルの捻り・本文の構成)
2.ボケとツッコミの角度
3.「分かる人は分かる」ディープなネタ(オタク上等)
⑨バカ(大胆過ぎる行動力)


■注意事項
このブログ(及び元サイト)はフィクションです。
現実世界とは一切関係有りません。
ネタをネタとして理解できる方のみお読み下さい。

■表示環境
Google Chromeでの閲覧を念頭に置いていますが、IE系のブラウザでも問題有りません。

■コメントについて
脳を経由しても脊椎反射でも構いませんので、お気軽にどうぞ。
記事は突っ込み所だらけですし、突っ込みやすいようにブログにしたので
何でも言ってやって下さい。

※中洲産業大学カテゴリのコメントに対する返信は原則IQ20未満で行います。斜め上がデフォルトです。

■リンクについて
リンクフリーです。基本的にどなたでも歓迎します。

最新トラックバック