記事一覧

先輩X 続報

※フィクションです。

例の色々やらかして下さった先輩Xの続報です。
外国の税額計算で足し算と引き算を間違えているのを見付けました。

たったの 4,000万円

中村主水に頼んで良いレベルですよね。

スポンサーサイト

コメント

No title

重ね重ねありがとう。本当に勉強になります。
またいろいろ教えて下さい。

No title

本当は領収書が有った方が望ましいのですが、性質上やむを得ない場合とも考えられますので、福利厚生費ないし雑損などの科目で処理しておいて、支出時の社内決裁資料一式(仕訳計上時に経理担当がとるはずです)を残しておけば文句は言われないと思います。

(補足)交際費と福利厚生費
交際費  :税務上の損金になりません
福利厚生費:税務上の損金になります(勘定科目が雑損でも同じです)
今回の場合は一定の基準に従って支給する弔慰金なので、福利厚生費となります。
※会社が税務上の交際費で処理している場合は、そもそも申告時点で課税所得から引いていないので、国税局は関心を示しません。
(税務調査は追徴課税のノルマが有るので課税所得が増える方向でしか調べません【減る方向はスルーされます】)

No title

詳しい解説ありがとう。勉強になります。
じゃあ、勉強ついでにもう少し教えてください。
社員が事故に遭って死亡したような場合、会社名で香典を出すことがあると思います。まさか喪主に領収書書けと言えないだろうから、こういうときはどうするんでしょう。
雑損として処理するだけ?

上納金と書いて「シノギ」

売った側、買った側両方が困ります。
売主:そもそも帳簿(仕訳)の根拠資料(売上伝票や領収書の写し等)が無いというのが、法人税法でも所得税法でも論外です。
普通の個人商店がこんなことをやったら税務調査が入って、タダでさえ法外な取引価格以上に法外な売上金額を認定・追徴課税されるはずですが・・・
買主:個人事業者なら事業所得の経費、法人なら損金に出来そうなものが出来なくなります。勿論、会計監査でも指摘されます。

仮に神社(法人)内部の方が非営利事業の一環として行うのであれば神社側は良いのかも知れませんが、買手側はやっぱり根拠資料が必要ですし、今回のケースに至っては外部の人間が商売してるだけですからね。

No title

相変わらず鋭い観察おつかれさん。
この話見てたら、ミナミの帝王でテキ屋をメインに取り扱った回を思い出した。神社の祭りのYとテキ屋の関係がよく分かるいい作品でした。
テキ屋って領収書くれへんけど、あれってホントはあかんのよね?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGP

Author:GGP
詳しいプロフィールはこちら
初めての方はまずプロフィールを御覧下さい。文章の方向性が何となく分かります。

■当サイトで扱う内容
1.仕事

(業務上の出来事、課題、解決策の提言など)
2.日常
(森羅万象に独自のツッコミ。ボケっぱなしも有るよ)
3.中洲産業大学
(下ネタ上等、バカ満載。有る意味3次元を超えた誰得ワールド)

■当サイトの特長
1.表現力
(タイトルの捻り・本文の構成)
2.ボケとツッコミの角度
3.「分かる人は分かる」ディープなネタ(オタク上等)
⑨バカ(大胆過ぎる行動力)


■注意事項
このブログ(及び元サイト)はフィクションです。
現実世界とは一切関係有りません。
ネタをネタとして理解できる方のみお読み下さい。

■表示環境
Google Chromeでの閲覧を念頭に置いていますが、IE系のブラウザでも問題有りません。

■コメントについて
脳を経由しても脊椎反射でも構いませんので、お気軽にどうぞ。
記事は突っ込み所だらけですし、突っ込みやすいようにブログにしたので
何でも言ってやって下さい。

※中洲産業大学カテゴリのコメントに対する返信は原則IQ20未満で行います。斜め上がデフォルトです。

■リンクについて
リンクフリーです。基本的にどなたでも歓迎します。

最新記事

最新トラックバック