記事一覧

問題解決の手法

■よくある先輩の苦労話
問題:部長説明が10時開始で18時までかかる
対策:8時間も詰められる要因を考えて、次回以降スムーズに説明を終えられるよう努力する
結果:自分が異動する頃には30分で説明を終えられるようになった
   精神的にタフになり、マネジメントスキルもついた
   (結局、部長が当初納得しなかった理由は1個理解不足な点が有っただけで、なぜ8時間なのかという合理的理由は3年間見出せなかった)

■突っ込み所
1.ただのパワハラではないのか
(食事・休憩なく8時間立たせたまま詰めることを問題視しない奴隷体質でいいのか)
2.その部長が納得する必要が有るのか。そもそもその部長が必要なのか。
3.3年かけて解決しなければならないような問題なのか
4.そんなストレス耐性は必要なのか
5.「面倒くさい人を納得させて動いてもらうこと = マネジメント」と勘違いしていないか
6.説明者が他の人間に代わった途端、まだ8時間掛かる時代が繰り返されるのではないか


主体性、前向きさは大事だよ。
「変えられないものを変えるよりも、変えられるものを変えていこう」
確かにそれはその通り。

でも
「ありとあらゆる理不尽・不条理に隷従しながら生きる活路を見出す」
というのは前向きな解決方法なのか?

「マネージャーが能力的・人格的に破綻している」
「実はこの部長がいわゆる『名物』で、当・不当度外視の詰問で過去に何人も出社不能にしている」
という問題に目を瞑っている時点で相当後ろ向きじゃないのか?

多少納得いかないことが有るのは社会人生活では当然だけど、「人の道を外れた行為」は単なる不祥事。
きちんとその上司の上司に言うとか、外部機関に録音データを出すとか
社会通念上妥当な方向に持っていく努力をしないと屍が増えるだけ。

企業倫理研修で散々対応方法聞いてるのに、何してるの?



「結局この方は、前職で本質的問題から逃げていただけじゃないか」



そう感じた先日の飲み会でした。
「柳のような生き方」は大事だろうけど、「3年踏み続けられた柳」は・・・何だかねぇ。
焼かれたり抜かれたりしないと「耐える過ち」に気付かないのかなぁ。

スポンサーサイト

コメント

No title

今の職場は女性が約半数だから間近で反応が見られるけど、中高年のベテラン社員が昔の話をすると、明らかに「寒いんだよ」という顔になる。

「苦労することが重要ではなく、苦労しないやり方を考えることが重要」という発想がウチには欠けている。

No title

たまに思うんだけど男ってはしかみたいに「俺は苦労した」みたいなことを言いたくなる時期があるんだと思う。
往々にして20超えてから罹るから厨二病とも違うんだろうけど。
「不幸なオレ」って女性視点からすれば相当寒いんだろうなあ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGP

Author:GGP
詳しいプロフィールはこちら
初めての方はまずプロフィールを御覧下さい。文章の方向性が何となく分かります。

■当サイトで扱う内容
1.仕事

(業務上の出来事、課題、解決策の提言など)
2.日常
(森羅万象に独自のツッコミ。ボケっぱなしも有るよ)
3.中洲産業大学
(下ネタ上等、バカ満載。有る意味3次元を超えた誰得ワールド)

■当サイトの特長
1.表現力
(タイトルの捻り・本文の構成)
2.ボケとツッコミの角度
3.「分かる人は分かる」ディープなネタ(オタク上等)
⑨バカ(大胆過ぎる行動力)


■注意事項
このブログ(及び元サイト)はフィクションです。
現実世界とは一切関係有りません。
ネタをネタとして理解できる方のみお読み下さい。

■表示環境
Google Chromeでの閲覧を念頭に置いていますが、IE系のブラウザでも問題有りません。

■コメントについて
脳を経由しても脊椎反射でも構いませんので、お気軽にどうぞ。
記事は突っ込み所だらけですし、突っ込みやすいようにブログにしたので
何でも言ってやって下さい。

※中洲産業大学カテゴリのコメントに対する返信は原則IQ20未満で行います。斜め上がデフォルトです。

■リンクについて
リンクフリーです。基本的にどなたでも歓迎します。

最新記事

最新トラックバック