記事一覧

「風通し」を考える意見交換会(笑)

「職場の風通しを良くすれば不祥事も撲滅できるはず」

というリードであれこれ進行していた。
だが何も本質が見えていないし、見ようともしていない残念なものだった。



不祥事は何故起きるのか。

本質は会社への忠誠心の欠如である。
心から会社に貢献したい、この会社で働き続けたいと思っている人間は、馬鹿なことをしようとは思わない。
「こんな上司で、こんな給料で、こんな評価で、やってられるか」
こうした思いが積もりに積もって手を染めることになる。

社員に風通しの良い職場づくりを考えさせるのはいい。それは結構なことだ。
そのために討論会をやるのもいい。

ただ、それだけでは意味が無い。
社員にあれこれ指示する前に、まず会社が襟を正すべき所が山のように有るのではないか。

パワハラは無いのか
サービス残業は無いのか
事実上サービス残業を強いるような、理不尽な時間外の抑制は無いのか

本当に「無い」と言える人間が一人でもいるだろうか。
もしいるならば、その盲目な人間がいる限り事態は変わらない。

何故、部長レベル以上で不祥事が起きたことが無いか考えたことが有るか。

彼等は「言われる」側ではないから。
給料が安くないから。
十分なみなし残業手当込の基本給が有り、サービス残業の問題が生じないから。

要するに先述の3点(会社が正すべき襟)の外にいるからである。
末端の社員を悪者にして再発防止策を検討させているとしか思えない会合は不愉快だ。
検討させる側が検討すべき事項、いや検討「した」結果をまず出せと言いたい。


短期的な職場の潤いを求めて、何かコミュニケーションを図ろうとしたところで

問題のある上司が消えるわけではないし
理不尽な人員不足が解消される訳でもない

まさに「焼け石に水」になるだけである。

ということを対話会で言おうと思ったけど、風通しどころか風当たりが強くなりそうなので止めた。
この時点で風通しもヘッタクレも無い。



でも。

社会人ってこういうもんなんだよ。
納得できない対象自体は絶対に変わらない。
自分が受け流せるかどうかが変わるだけ。

そのストレス耐性が試されているだけなんだと、入社数か月で気付いた。
そう思えば今の現場も気持ちが楽。不毛だけどね。



それにしても・・・前職のあの働きやすさは何だったんだろう。
それだけが引っ掛かる。何故あの職場は成功したのか。
どういうプロセスであの環境が作られたのか。当時の幹部にじっくりお話を聞きたい。
本当に水平展開すべきだと思う。徹底的に模倣する位で丁度いい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGP

Author:GGP
詳しいプロフィールはこちら
初めての方はまずプロフィールを御覧下さい。文章の方向性が何となく分かります。

■当サイトで扱う内容
1.仕事

(業務上の出来事、課題、解決策の提言など)
2.日常
(森羅万象に独自のツッコミ。ボケっぱなしも有るよ)
3.中洲産業大学
(下ネタ上等、バカ満載。有る意味3次元を超えた誰得ワールド)

■当サイトの特長
1.表現力
(タイトルの捻り・本文の構成)
2.ボケとツッコミの角度
3.「分かる人は分かる」ディープなネタ(オタク上等)
⑨バカ(大胆過ぎる行動力)


■注意事項
このブログ(及び元サイト)はフィクションです。
現実世界とは一切関係有りません。
ネタをネタとして理解できる方のみお読み下さい。

■表示環境
Google Chromeでの閲覧を念頭に置いていますが、IE系のブラウザでも問題有りません。

■コメントについて
脳を経由しても脊椎反射でも構いませんので、お気軽にどうぞ。
記事は突っ込み所だらけですし、突っ込みやすいようにブログにしたので
何でも言ってやって下さい。

※中洲産業大学カテゴリのコメントに対する返信は原則IQ20未満で行います。斜め上がデフォルトです。

■リンクについて
リンクフリーです。基本的にどなたでも歓迎します。

最新記事

最新トラックバック