記事一覧

ヨルタモリ

久々にタモリが自分のネタをやっているコーナーが面白い。ジャズも好き。
OPの人物紹介で出てくる英語は、あれくらいの速さでも読めなきゃ駄目なんだろうな。
※タモリ部分も宮沢りえ部分も、ジャズの楽しみ方が書かれている。
 (考えるんじゃない、感じるんだ的な内容)

一押しは李澤京平教授の日本古典文学講座「百人一首」。
百人一首と似て非なる和歌を学者として解説する、まさに中洲産業大学的なもの。

第1回
紫式部 「めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲隠れにし 夜半の月かな」

柴式部 「めくりあげて 見しやそれとも 分かぬ間に 雲隠れした やわな人かな」
(口語訳)
着物をめくりあげて、中を見てくれたあなた。
でも分かれ目(鼠蹊部)の所に見えた物が何か分からなかった。
私はまんざらでもなかったし、「何するのよ」と形式上責めて色々やりとりをしたかったのに
あなたは何が見えたのか分からない間に雲隠れしちゃった。もう、やわな人ね。

第2回
伊勢  「難波潟 みじかき芦の ふしの間も 逢はでこの世を 過ぐしてよとや」

伊勢路 「あなたがた 短き足の 股の間も 泡でその身を すぐしてよとや」
(口語訳)
貴方達みたいな短足で不格好な人の股間を、すぐに泡で気持ちよくしてくれと言うのですか。
ロクに男女としての付き合いもせず、ただ汚れ続けるだけの人生を私に過ごせと言うのですか。
※タモリは1行目の訳しか話していないが、「逢わで」「過ぐして」も掛詞だろう。

ほぼ文字が変わらないのに、完全に下ネタになっているのが凄い。
元の歌を知っていればもっと笑える。
トーク部分はどうでもいいが、タモリのネタは毎週チェックする価値あり。

久々に使ったな、中洲産業大学カテゴリ。
※(追記)結局、第2回も口語訳を載せてしまいました。バカですね私も。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGP

Author:GGP
詳しいプロフィールはこちら
初めての方はまずプロフィールを御覧下さい。文章の方向性が何となく分かります。

■当サイトで扱う内容
1.仕事

(業務上の出来事、課題、解決策の提言など)
2.日常
(森羅万象に独自のツッコミ。ボケっぱなしも有るよ)
3.中洲産業大学
(下ネタ上等、バカ満載。有る意味3次元を超えた誰得ワールド)

■当サイトの特長
1.表現力
(タイトルの捻り・本文の構成)
2.ボケとツッコミの角度
3.「分かる人は分かる」ディープなネタ(オタク上等)
⑨バカ(大胆過ぎる行動力)


■注意事項
このブログ(及び元サイト)はフィクションです。
現実世界とは一切関係有りません。
ネタをネタとして理解できる方のみお読み下さい。

■表示環境
Google Chromeでの閲覧を念頭に置いていますが、IE系のブラウザでも問題有りません。

■コメントについて
脳を経由しても脊椎反射でも構いませんので、お気軽にどうぞ。
記事は突っ込み所だらけですし、突っ込みやすいようにブログにしたので
何でも言ってやって下さい。

※中洲産業大学カテゴリのコメントに対する返信は原則IQ20未満で行います。斜め上がデフォルトです。

■リンクについて
リンクフリーです。基本的にどなたでも歓迎します。

最新記事

最新トラックバック