記事一覧

梅田 蔦屋書店

ルクアイーレ9Fに昨日オープンした、期待の大型書店。

昨日も今日も入場規制時間が有ったらしい。
エレベーターが開いた瞬間に人の群れが見える。

広い上にレイアウトが独特なので、最初はどこに何が有るか分からない。
検索用の端末も無い・・・訳ではなかった。
実はそこら中に書籍検索用のタブレットがひっそり置かれているので上手く活用すること。

棚の右下・左下位に4桁の整理番号が書かれているので、
これをキーにして探せばちゃんと目当ての本は見つかる。

この書店のメリットは買う前にじっくり座って読めること。
パスタを食べながらでも、スタバのコーヒー片手にでもOK。

「座れる本屋がジュンク堂、座れない本屋が紀伊國屋」

こんなシンプルな2項対立だった関西の書店業界にも

寛げる > 座れる > 座れない

という新たな直線軸が出来た。
荷物預かりも無料なので、じっくり本を吟味する人にはお勧め。
私はこのフロアだけで1日過ごせるような気がする。

ただし、食事目当てで10Fに行っても並び過ぎて使えないので要注意。
来客数が落ち着くまであのフロアは諦めた方が良い。
バイキングの「100分待ち」パネルで心が折れた。

■梅田の主要書店(参考)
1.紀伊國屋梅田本店
椅子は無いが、そのスペースも本棚になっているので蔵書量はなかなか多い。
梅田駅1Fというロケーションの上、本も探しやすいので、流行りの本をサッと見てサッと買う所。

2.丸善ジュンク(茶屋町)
紀伊國屋新宿本店、ジュンク堂池袋本店の2大巨頭を凌ぐ日本最大書店。椅子も有る。
ロケは悪いが量は凄い。ここに無かったらamazon先生の出番。
1Fの天井が無駄に高く、長い上りエスカレーターがちょっとしたアトラクション。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGP

Author:GGP
詳しいプロフィールはこちら
初めての方はまずプロフィールを御覧下さい。文章の方向性が何となく分かります。

■当サイトで扱う内容
1.仕事

(業務上の出来事、課題、解決策の提言など)
2.日常
(森羅万象に独自のツッコミ。ボケっぱなしも有るよ)
3.中洲産業大学
(下ネタ上等、バカ満載。有る意味3次元を超えた誰得ワールド)

■当サイトの特長
1.表現力
(タイトルの捻り・本文の構成)
2.ボケとツッコミの角度
3.「分かる人は分かる」ディープなネタ(オタク上等)
⑨バカ(大胆過ぎる行動力)


■注意事項
このブログ(及び元サイト)はフィクションです。
現実世界とは一切関係有りません。
ネタをネタとして理解できる方のみお読み下さい。

■表示環境
Google Chromeでの閲覧を念頭に置いていますが、IE系のブラウザでも問題有りません。

■コメントについて
脳を経由しても脊椎反射でも構いませんので、お気軽にどうぞ。
記事は突っ込み所だらけですし、突っ込みやすいようにブログにしたので
何でも言ってやって下さい。

※中洲産業大学カテゴリのコメントに対する返信は原則IQ20未満で行います。斜め上がデフォルトです。

■リンクについて
リンクフリーです。基本的にどなたでも歓迎します。

最新記事

最新トラックバック