FC2ブログ

記事一覧

TOEIC TEST 新形式問題第1回

難化すると専らの噂だった新形式第1回。興味本位で受けてきた。

Part1:今まで通り。普通。リスニングのオアシスだったが問題が4割減った。
Part2:聴き取りにくい声の人が多かったような。楽勝パートのはずだが、練習不足かな。
Part3:リスニングの鬼門。会話13セットノンストップはヤバい。先読みペースを乱さず集中し続けるので、これは疲れる。
Part4:これは今まで通り。図表問題の方がむしろ簡単だったか。

Part5:リーディングのオアシス的存在。これも問題数が減った。
Part6:Part5の文章版。段落補充問題も特に抵抗感なし。
Part7:リーディングの鬼門。問題数も文章のボリュームも増えて超多読型に。
    ダブルパッセージもトリプルパッセージも最後が大体顧客のメールになっていて、
    これをちゃんと読めば他の文書も大体分かるというテクニックを本番で見付けた。

結局リーディング最後の1セット+αが塗り絵になってしまうのは変わらず。
私が磨くべきはリスニング・リーディング共に「音声の速さ・順序で瞬時に理解できる文章を増やすこと」。
Part5・6対策は専門の問題集で補完的にやれば大丈夫なので、とにかくPart3・4・7を得意にすることが大事。
900超~満点レベルの最後の壁は、結局ベーシックな英語力だけ。
愚直に「聴きながら読むこと」や「音読」を繰り返して、語順通りに頭に染み込ませていこう。

※余談
TOEICの世界は真面目な仕事のやりとりや、ポジティブな問題解決が多かった。
だが今回は異彩を放った問題が。
「クライアントとのミーティング準備はそこそこに、終了後の現地観光のプランを熱心に議論する男女」
「ホテルの予約内容確認メール(部屋数もチェックイン日も誤り)と、間違いの多さにブチ切れた客の返信」

これは酷い。試験中に笑いそうになった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GGP

Author:GGP
■主な内容
1.テクノロジー

(VR・AI等の新しい商品・サービス・ビジネスモデル)
2.ゲーム
(ゲーマーとして注目しているソフト)
3.日常
(十八番の写真ネタ、日々の雑感等。入浴中に思い付くことが多い)

■キャッチコピー
「わかる」「ひびく」「わらう」


1.わかる
難しいことを簡単に。
言葉にできない感情を明瞭に。
①難解な概念でも
②短時間で理解して
③誰でも分かる言葉にできる(何にでも応用できる)
ことが自分の強み。

2.ひびく
単なる事実の伝達でなく、「思い」を伝えること。
読み手・聴き手の心に残る「金言」を紡ぎ出すこと。

3.わらう
「この状況でこう言えば絶対笑う」
という直感を書き言葉に。
①突っ込みがエグ過ぎる
②喩えが想定外
③それでも的を射ている
ことが笑いの本質。

■注意事項
このブログ(及び元サイト)はフィクションです。
現実世界とは一切関係有りません。
ネタをネタとして理解できる方のみお読み下さい。

■表示環境
Google Chromeでの閲覧を念頭に置いています。

■コメントについて
脳を経由しても脊椎反射でも構いませんので、お気軽にどうぞ。
記事は突っ込み所だらけですし、突っ込みやすいようにブログにしたので
何でも言ってやって下さい。

■リンクについて
リンクフリーです。基本的にどなたでも歓迎します。

最新トラックバック